幸甚 意味。 「幸甚」とは?意味や使い方をご紹介

「幸甚」の読み方・使い方・例文・類語・敬語|メール

幸甚 意味

また「幸甚」は、 「対応してくれたらこの上なく幸せです」といった相手を立てる表現にもなります。 何かをしてもらってとても嬉しいです、という感謝の気持ちを伝える時• 「甚」は、音読みで「ジン」と読み、訓読みで「はなはだ」や「はなはだしい」・「いたく」などと読みます。 何に対して幸せなのかを明確にする 「幸甚」は「この上ない幸せ」を表す言葉ですが、 少々曖昧な表現になります。 「幸甚」と「存じます」 そもそも、「幸甚(こうじん)」とは、訓読みすると「甚(はなは)だ幸(しあわ)せ」と読みます。 そのため、相手に何かしてもらったときの感謝を伝える際の丁寧な表現として使います。 において「」という的に用いられるが多い。

次の

敬語「幸甚に存じます」の使い方と例文・言い換え表現は?

幸甚 意味

そのため「幸甚」は話し言葉よりも書き言葉として、「幸甚に存じます」と文章を締めくくる一言として使うのが最適でしょう。 ・セミナーへのお誘い、ありがたく存じます。 幸甚の至りである 「幸甚」という言葉の意味をより強調した「幸甚の至り」に、物事を断定する意思を表す助動詞「だ」の連用形「で」と、補助動詞「ある」を付けて、「幸甚の至り」が意味する、「通常の範囲をはるかに超越した幸福が、もうこれ以上は他にない最高の状態にある」ことは確実だと主張する使い方が、「幸甚の至りである」です。 文豪たちの作品に見る「幸甚」の使われ方 少しかしこまった形で用いられる「幸甚」ですが、昔の文学作品では時折見かける表現でもあります。 「幸甚です」の使い方と例文 「幸甚です」はビジネスで目上の人に使える 「幸甚です」は、 ビジネスシーンで目上の人使用することができる言葉です。 。 どちらも目上の人に何か頼みごとをしたいときに、敬意と感謝を込めてお願いする場合に使える敬語表現です。

次の

「幸いです」の意味とは?ビジネスで使える敬語の言い換え表現を紹介

幸甚 意味

例文 ・ありがたいお言葉をいただき、誠に感謝申し上げます。 「幸甚に思います」と言うよりも「幸甚に存じます」と言った方が、丁寧な表現になります 例文 「本日はご来店いただきまして誠にありがとうございます。 例文 ・来週までにご連絡いただけると幸いです。 注意点1.急ぎの依頼に対して使わない 相手への依頼の際に用いられる「幸いです」という表現ですが、頼みごとを伝えるにはあいまいな敬語表現です。 ・I would appreciate it if you could... (例) 「ご連絡をいただけると幸いです。

次の

【幸い】と【幸甚】の意味の違いと使い方の例文

幸甚 意味

どういった表現で使用するにしても「~幸いです」というのは、相手のことを思い遣る気持ちを示すための表現だと言うことが出来ます。 4.「幸甚」の言い換え表現 「幸甚」は堅い表現のため、ビジネス文書には向いていますが、日常の文書や親しい間柄の人に対して使うことには向いていません。 この言葉がよく使われる場面としては、非常にありがたく、幸せに思うことを最上級の表現で相手に伝えたい時などが挙げられます。 つきましては、事故に関する調査記録をお送り頂けましたら幸甚です。 ただし、これらの表現は、絶体に何かをして欲しい時や、必ずどうにかして欲しい時などには使用しないようにしましょう。

次の

幸甚の言葉の意味とは?読み方と正しい使い方を例文を交えてご紹介します!

幸甚 意味

意味は「運がよい」や「思いがけないさいわい」、「めぐりあわせがいい」などがありまります。 今回は厳しい納期に間に合わせていただいて、幸甚の至りです。 「幸甚」は、大昔に中国から伝来して日本語となった「漢語(かんご)」の一つで、「幸いなること甚だしい(さいわいなることはなはだしい)」という意味を持ちます。 かしこまった言葉なので、改まった場で使ったり、書き言葉として用いられたりします。 ・このような素晴らしい賞を頂くことができとても光栄です。 」 「ご笑納いただければ幸甚に存じます。

次の

「幸甚」の読み方や意味は?正しい使い方と例文を紹介

幸甚 意味

「幸甚」を使う場面によって、反対の意味の言葉は• そのほかに「幸甚の至り」と同じ意味で使われる言葉に、「幸甚の極み」があります。 「幸い」「有り難い」「嬉しい」の言葉の前に、度合いを表す「非常に」「大変」「とても」を加えることがポイントです。 「幸いです」は「自分にとってうれしい・幸せなことだ」という意味を持ち、「そうなってくれたら運が良い」というニュアンスも含まれています。 (…これを次の月曜日までにやっていただけると幸甚に存じます。 何度も繰り返して使うことで意味が薄れてしまい、かえって気を悪くしてしまう人もいます。 「幸甚です」は、 「幸甚」に丁寧語の「です」をつけた言葉です。 「幸甚に思います」と言うのではなく、謙譲語であれば「幸甚に存じます」、丁寧語であれば「幸甚です」と表現しましょう。

次の

「幸甚」とは?意味や使い方をご紹介

幸甚 意味

「幸甚」は、立場が上の人に対して敬意をこめた感謝の気持ちを表す時に、とても便利に使える言葉です。 「甚」は「幸」とは逆でネガティブなイメージが強い言葉ともなります。 もう一つ例をあげますと、「〜して頂き、幸甚に存じます」といったように、自身の感謝の意やお礼の言葉として相手に伝えるときにも使用されます。 「幸甚」を使って表現力を高めましょう 「幸甚」という言葉について、読み方や便利な使い方などを紹介しました。 We are very grateful that you accepted our offer.. 親しい間柄の人には用いない 「幸甚」はビジネスメールや、手紙などの書き言葉で用いられることから、普段の言葉使いよりも固く感じます。

次の